s
>
> 妊娠1ヶ月 「ママの状態」

妊娠1ヶ月 「ママの状態」

妊娠0週,1週,2週,3週 (妊娠初期)

母親になるということ…。

「もしも妊娠したら…。」それはあなたにとって、待ち望んだ妊娠? それとも…? 母親になることをいますぐ素直に喜んで受け入れられる人ばかりではないかもしれません。たとえそれがうれしい知らせだったとしても、妊娠によって、あなた自身の生き方を大きく変えなければならない選択や決断を迫られることもあるでしょう。そして、ひょっとしたら、あなたとあなたの相手との関係にも、少なからず変化が生じるかも…。いずれにしても、生まれてくる“子ども”を、どんな環境で、どう育てていきたいのか、母親になるあなた自身が、まず考えてみてほしいのです。そしてぜひ、一度はじっくりと、父親になる相手と2人で、このことについて、まじめに向き合い、とことん話し合ってみることをおすすめしたいと思います。
母親になるということ、それは、これからこの世に生まれてくる子どもにあなた自身が、新しい、大きな責任を負うということです。その覚悟は多かれ少なかれ必要です。ただし、だからといって、「親」になることを急ぐ必要はありません。どうぞゆっくり、あせらず、母親になってください。子どもを授かることによって、大きな責任と引き換えに、あなたが手にするもの、それはまちがいなくあなたの人生の選択肢を増やしてくれることになるでしょう。それが、あなたが“ママ”になる、はじめの一歩だと思うのです。ベビカムは、少しでもそんな“ママ”たちの力になりたいと思っています。

基礎体温の変化を知る

妊娠に気づくのは、多くの場合、月経の遅れによることが多いと思いますが、過労やストレス、過激なダイエットなどによっても月経の周期は乱れます。ですから、月経の遅れだけで、妊娠を確認するのは難しいのですが、基礎体温を継続的に測っていれば、体調の変化をいち早く知ることができます。妊娠していない女性の場合、基礎体温は通常、月経開始から低温期が約14日間続いた後、排卵期を経て、今度は高温期が約14日間続くという周期が繰り返されます。妊娠すると、高温期がずっと続いたままとなります。

妊娠週数と出産予定日の割り出し方

妊娠週数は、最終月経の初日を0日として7日ごとに数え、最終月経初日から6日までを「妊娠0週」として、次の7日間を「妊娠1週」というように数えていきますので、この計算でいくと、月経が1~2週間遅れて最初の診察を受けるときには、すでに週数では5~6週、月数では2ヶ月に入っていることになります。このように、妊娠の週数や出産予定日を割り出すカギを握るのは、「月経の始まった日」です。妊娠可能な人は、毎月の月経をきちんと記録しておくと、産婦人科にかかるときも、困ることがありません。

妊娠のサイン・兆候

妊娠を知らせるサインとしては、この他、乳房が張って敏感になり、ちくちく痛んだり、腰が重く感じたり、トイレが近くなったりといった兆候があります。人によっては、風邪の初期症状のように、からだのだるさ、熱っぽさを感じたり、疲れやすいなどの体調の変化を感じることもあります。逆にこれらの妊娠の兆候をまったく自覚しない人もおり、妊娠のサインは個人によって差が大きいものです。

妊娠1ヶ月

妊娠中の関連動画

会員登録で素敵な特典をゲット

おすすめ特集

PR