>
> 生後0歳 9ヶ月 赤ちゃんの成長

生後0歳

9ヶ月 赤ちゃんの成長

9〜10ヶ月健診

身長・体重・胸囲・頭囲測定 / 離乳食の指導・育児相談など(※母子手帳確認)


おすわりやつかまり立ちをするように

9ヶ月になると、ほとんどの赤ちゃんが支えなしでも1人で座っていられるようになり、ハイハイも早くなってきます。またつかまり立ちがしっかりとできるようにもなるでしょう。でも、まだ何かの拍子にぐらっときて、頭をテーブルの角にぶつけるなんていうことも多くありますので、注意が必要です。頭を打ったときはどう対処したらいいでしょうか。
打った瞬間激しく泣き、その後普段と変わらないようでしたら、大きな問題ではないことが多いようですが、2〜3日は気にとめてようすを見ましょう。
また、おでこなど頭の前の方はぶつけても比較的問題がないといわれますが、後頭部には神経が集まっており、強く打ったときは必ず冷やしましょう。頭皮が赤くなっているところを探して、冷たいタオルや、氷を入れたビニール袋を当てましょう。こういうときのために、お菓子を買ったときなどについている、小さな保冷剤を冷凍室に常備しておくと便利です。泣かずにぐったりしたり、吐いたりするようなときには、すぐに病院に行きましょう。


音を出したり、音楽に合わせて踊ったり

おすわりをしながら、おもちゃをじっくりいじったり、右手から左手に持ち替えてみたりできるようになります 生後0歳9ヶ月 赤ちゃんの成長 おすわりをしながら、おもちゃをじっくりいじったり、右手から左手に持ち替えてみたりできるようになります。また積み木などを両手で持って、打ち鳴らしてみたりと自分で音を出すことを楽しみます。また音楽をかけたり、ママが歌ったりすると、座りながら体をゆらしたり、つかまり立ちをしながら腰をふったりとかわいいしぐさを見せることも。赤ちゃんは音楽が大好きなので、ママもいっしょになって歌ったり踊ったりすればますます喜びますよ。
児童館や育児支援センターなどに出かけ、家にはないおもちゃで遊ばせたり、広いところでハイハイさせてみたりするといいでしょう。赤ちゃんはそういう場所にいる、少し上の子どもたちの動きに興味津々です。自由に歩き回る子どもたちを見て、大いに刺激を受けることでしょう。


バイバイやドウゾなどのしぐさが出るように

会社に出かけるパパに向かって、バイバイのしぐさをしたりするようになります。外出先では、ママと言葉を交わす人たちが、赤ちゃんにも「バイバイ」をすることが多いので、赤ちゃんは「バイバイ」のしぐさをいち早く覚えるようです。また、ママから赤ちゃんに物を渡すとき「どうぞ」と言っていると、次第にまねをするように。「どうぞ、して」と言うと、ママやパパにおもちゃを渡してくれる、というように、言葉や動作の意味を理解するようになってきます。

0歳9ヶ月

育児中の関連動画

生後0歳(9ヶ月)に関連する記事 育児中のベビカム会員のブログや、コミュニティー。

powerd by babycome
  • アンケート受付中「妊娠中の体重管理について」

ピックアップ【PR】

PR