>
> 生後0歳 8ヶ月 赤ちゃんの成長

生後0歳

8ヶ月 赤ちゃんの成長

おすわりができるように

8ヶ月になると、だんだんと腰がしっかりしてきて、座らせてみると、前に手はつくものの、おすわりの姿勢ができる子が増えてきます。何かにもたれながらでも、座っていられるようになると、赤ちゃんの視野が広がり、1人で遊べることも増えてくるでしょう。指先も器用になってきて、おもちゃをつまんだり、ひっぱったりという動きも出てきます。8ヶ月頃の赤ちゃんが好きなのは、ティッシュを箱から引っ張り出す遊び。本物をどんどん出されては困るので、空き箱にシフォンなどのやわらかいハギレをたくさん入れて、おもちゃにするのもいいですね。
また成長の早い子では、ずりばいが進化して、だんだんとハイハイらしきものを始めます。また、低いテーブルに手をつき、つかまり立ちをする子も出てくるでしょう。このあたりの動きには個人差が大きく、ハイハイを全くしないのに、立つことは好きで、つかまり立ちを先にするという赤ちゃんもいます。

「いないいないばあ」が大好き

8ヶ月頃の赤ちゃんは、「いないいないばあ」が大好きです。何気なく喜んでいるようですが、ここにも赤ちゃんの発達が見てとれます。「いないいない」で、相手の顔が一瞬見えなくなるけれど、顔を一時的に覚えておける短期記憶の力がつき、またその顔が再び現れることを予測できるようになったのです。そして、「ばあ!」でその予測通りの顔が現れることが赤ちゃんは面白くてたまりません。何度も何度も繰り返しやるようにせがまれますが、こんな力がついているからこそと思って、気長に相手をしてあげてください。

下痢のときは便の色に注意

赤ちゃんは下痢をすることが多いですが、これは体にとって害になるものを早く排泄しようという自然な防衛反応なので、下痢が長く続いても元気ならば無用に心配することはありません。脱水症状にならないように、水分補給を心がけましょう。昔から日本では、下痢の時にはにんじんが効くといわれています。にんじんをジュースやスープの形で摂らせるといいでしょう。また、「くず」も下痢のときに効く食材。お湯を足して手軽にできるくず湯の元も市販されているので、利用してみてはいかがでしょう。
下痢の中でも、色が白っぽく、匂いがいつもの便と違うときはロタウイルスに感染している可能性があります。病院を受診しましょう。便のついたおむつを持参したり、色が分かるようにデジカメで写真を撮っておいて医師に見てもらうのもいいでしょう。育児書などでは、真っ白に近い便が例として載っていますが、「ココナツミルクの入ったカレー」くらいの白さのこともありますので注意してください。
ロタウイルスの下痢の場合、長くて2週間から1ヶ月ほど下痢が続くこともあり、ママはおむつ替えが大変でしょうが、菌をどんどん出しているんだと考え、こまめに取り替えましょう。下痢のときは、おしりがかぶれやすいので、そのつどシャワーでさっと流すほうが、よりおすすめです。

0歳8ヶ月

育児中の関連動画

生後0歳(8ヶ月)に関連する記事 育児中のベビカム会員のブログや、コミュニティー。

powerd by babycome
お出かけ外遊びの時期にママが気をつけたいこと パパについてのアンケート投票受付中!「パートナーが父親になったと思う瞬間は?」
  • お出かけ外遊びの時期にママが気をつけたいこと
  • パパについてのアンケート投票受付中!「パートナーが父親になったと思う瞬間は?」

ピックアップ【PR】

PR