生後0歳 3ヶ月 赤ちゃんの成長

赤ちゃんの成長

3ヶ月健診

身長・体重・胸囲・頭囲測定
首すわりのようす、母乳指導、育児相談など


だんだんふっくらとした体型に

生後3~4ヶ月には、体重が出生時の倍くらいになり、ふっくらとした赤ちゃんらしい体型になってきます。おっぱいやミルクを飲む量が、これまでに比べて少なくなる場合もありますが、これは赤ちゃんが満腹感を感じられるようになったためです。これまでは、あげればあげるだけ飲んでいた赤ちゃんも、もう十分ということがわかるようになってきたのです。あまりおっぱいやミルクを飲まず、体重がほとんど変わらないということであれば、3ヶ月健診のときなどに医師や助産師さんに、納得いくまで相談してみましょう。


2~3ヶ月頃から始められる
赤ちゃんの運動
足の運動

手の運動

胸をそらせる運動

首がすわることの意味

このころから徐々に首がすわりはじめます。腹ばいにさせると、かなりしっかりと頭を持ち上げる子も出てきますが、まだまだ完全ではないので、抱っこのときには頭をしっかりと支えましょう。また、寝ている周囲にあるものを触ったりつかんだりするようになるなど、積極的な動きも出てきます。
また、自分の手をじっと見つめたり、ときには口に持っていって指をなめたり、こぶしをしゃぶったり…。簡単な動作のようですが、自分の手を認識して、それを体の中心線にある口にまで正確に動かすということは、かなり高い能力がいることなのです。この指しゃぶりができることと、首がすわることとは実は関係があり、どちらも脳が体の中心線を認識していなければできません。どんな体制でも体の中心線に保持できるということが、首すわりというわけです。何気ないしぐさの中で、赤ちゃんの脳や神経が日々発達しているのがわかりますね。

意外な所まで移動する赤ちゃん

手足の動きがどんどん活発になり、まだまだ寝ているだけと思っている赤ちゃんが、思わぬところまで移動していてびっくり! なんてことはありませんか。ベッドや布団を蹴って、赤ちゃんはずりずりと移動したり、回転したりします。届かないはずと見過ごしている、近くにあるボタン、タバコ、火気などがないか、もう1度点検を。ベッドなら、思わぬ転落の危険もあるので、油断しないで必ず柵をつけましょう。


ママと笑ったり話したり

あやすと声をたてて笑ったり、ママがいなくなるそぶりを見せると「アー」と寂しがったりと、だんだんと泣くこと以外にも意思をはっきりと伝えるようになってきます。そうなるとママや周りの人も、赤ちゃんが一段とかわいく感じられることでしょう。また、赤ちゃんはママに歌ってもらうのも大好きです。今はひょっとして、歌っても反応がないみたいと思うかもしれませんが、1年か2年後、きっとママの歌ってくれた歌を思い出して、歌うようになりますよ。赤ちゃんはちゃんと吸収しているのです。

ページの先頭へ戻る