>
> 生後0歳 2ヶ月 赤ちゃんの成長

生後0歳

2ヶ月 赤ちゃんの成長

これから受ける予防接種

予防接種には定期接種と任意接種とがあり、定期接種は国が接種を勧めているものです。定期接種は、法律等で定められている期間であれば、公費で接種できます(任意接種ワクチンに対しても、自治体によっては公費助成制度がある場合もあります)。適切な時期になると自治体から、家庭あてに通知がきます。保育園に入園するなど集団生活の予定がある場合は、医師と相談のうえ、早めに接種するのがおすすめです。
さて、予防接種は受けるべきと思っていても、接種によって体調が変化しないか、副反応が心配など、初めての予防接種はママにとっても不安の多いもの。でも、予防接種によって起こるごく稀な副反応と、接種することで日常かかりやすい病気からわが子を守れる効果とのバランスを考えてみれば、むやみに予防接種を怖がることはないでしょう。
予防接種の意味は納得していても、ぷよぷよとした、まだ傷ひとつない赤ちゃんに痛い思いをさせるのはかわいそうと思うママもいるかも。でも、まずはママがどっしり構えて、「チクッとするけど、大丈夫よ」と赤ちゃんを安心させてあげて。



1歳までに済ませたい予防接種

●は定期接種  ○は任意接種
( 回)は接種回数

●B型肝炎(3回) 2016年10月から定期接種になりました。2016年4月1日以降生まれが対象で、0歳のあいだに3回接種が必要です。3回目は、2回目から4~5ヶ月の間隔をあけましょう。

○ロタウイルス(1価2回・5価3回)
1価ワクチンと5価ワクチンがあります。初回は遅くとも生後14週6日までに接種を開始し、それぞれの必要接種回数を受けましょう。

●ヒブ(4回)
●小児用肺炎球菌(4回)
●四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)(4回)
それぞれ、3回目を生後6ヶ月までに受けるようにしましょう。1歳~の追加接種も忘れずに。

●BCG(1回)
四種混合などと同時で受けることもできます。(個別接種の場合)



1歳を過ぎてからの予防接種

以下は、1歳を過ぎてからの接種スケジュールに入れておきましょう。

●MR(麻しん・風しん)(2回)
●水痘(みずぼうそう)(2回)
○おたふくかぜ(任意)(2回)
以上の3つは1歳を過ぎたら、同時接種で受けることができます。

●日本脳炎(4回)
生後6ヶ月から接種できますが、多くの地域では通常3歳からの接種となっています。

顔をあげてこんにちは

この頃の赤ちゃんは、うつぶせに寝かせてみると顔をあげるだけの力がついてきます。あお向けばかりではなく、たまにはうつぶせにしたりと、動かしてあげましょう。その際には、大人がついて、布団が沈みやすいものではないか、周りにビニールや布など顔にかかるものがないか注意しましょう。
周りのものに興味津々になってくるので、積極的に話しかけたりしてみましょう。モビールやメリーも赤ちゃんにとっては、うれしいおもちゃ。まだ視力が十分にないのですが、黒と白など強いコントラストは認識しやすいようで、そういった白黒パターンのおもちゃも売られていますね。でも、赤ちゃんにとっては、ママやパパが自分に働きかけてくれることが何よりの楽しみですよ。


体重の増加

平均的には、1ヶ月に1kgほどのペースで増加する頃ですが、その子なりに、母子手帳などにある成長曲線に沿って増えていれば、大丈夫。心配ありません。毎日ベビースケールに赤ちゃんを乗せて一喜一憂していたら、身が持ちませんのでほどほどに。生後ほとんど増えずに、おっぱいやミルクをあまり飲まない、元気がないという場合には、出産した産院や近所の保健センターに相談しましょう。おっぱいの出具合の影響もあるかもしれませんので、母乳育児支援をしている団体(全国の桶谷式母乳マッサージなど)に連絡をしてアドバイスやマッサージを受けるのもいいですね。


0歳2ヶ月

育児中の関連動画

生後0歳(2ヶ月)に関連する記事 育児中のベビカム会員のブログや、コミュニティー。

powerd by babycome