s
> > > 東京都が保育所への借地で、固定資産税を全額免除へ

ニュースウィークリーニュースウィークリー

東京都が保育所への借地で、固定資産税を全額免除へ


2017年1月7日、東京都は待機児童を減らすため、保育施設として使われる借地を対象に、‘17年度から固定資産税を全額免除する方針を全国で初めて打ち出しました。東京都の待機児童は、昨年4月現在、8466人で全国最多。そして、この数は全国の待機児童数の3割以上を占めています。

これまで保育施設の用地に関しては、固定資産税を非課税にしたり、減免したりする措置がありましたが、その措置を受ける対象はいずれも施設運営者が土地を保有する場合に限られていました。それが、今後は大幅に改定されることになります。

なお、併せて東京都は、保育士の待遇改善などを目指して、過去最大規模となる1000億円超の予算も編成する模様です。具体的には、勤務年数に応じた昇給をしている施設を対象に、現状行っている保育士1人あたり月額2万円の補助に加えて、さらに2万円超を上乗せしたり、産休や育休明けで自分の子どもが待機児童となっている保育士に対して、月額28万円(1時間当たり1750円、計160時間)を上限に、ベビーシッター代金の全額負担をしたりする考えを示しています。このような政策が、今後どんな展開をもたらすか大いに注目したいものです。

こどもスクールセレクト おもちゃワクワクキャンペーン 子育ておもしろエピソード入賞者発表! 第22回おひさま大賞発表!! 写真映えするベビーグッズ

おすすめ特集

PR