授かり婚(おめでた婚)
お気に入り!

授かり婚(おめでた婚)

授かり婚の基本情報

pre_photo1ママになる喜びと憧れの結婚式!!妊娠と結婚。この2つのHappyが1度に訪れるのが授かり婚。でも、両親への報告、結婚式、出産準備、新居探し、仕事のこと…やらなきゃいけないことがありすぎて時間がなくて大変だったという声をよく聞きます。どんなことに気をつけて、何を準備したらいいのか、これを参考に自分たちだけの素敵な授かり婚をプランしてください。

結婚式はいつ挙げる?

妊娠中に結婚式を挙げるなら、つわりが落ち着く妊娠5ヶ月から7ヶ月の安定期がおすすめです。おなかがぐんぐん大きくなる8ヶ月以降は、からだへの負担が大きくなるので遅くても8ヶ月になる前までには式は終わらせておきたいですね。
ただし、これは妊娠経過が順調な場合です。もし体調面で不安がある場合は、かかりつけの産科医に相談したり、スケジュールを変更して赤ちゃん誕生後に式をあげるようにしましょう。

妊娠中に結婚式を挙げるには?

妊娠中に結婚式を挙げる場合、何より効率的にスピーディにものごとを決めていくことが大切です。やらなきゃいけないことはたくさんあるし、出費もいろいろ、おまけにからだはどんどん変化してしていきます。「思うようにいかない」とくじけそうになるかもしれませんが、スケジュールとやることを押さえておけばOK。もちろん、妊婦であることは決して忘れず、からだに無理のないスケジュールで、思い出に残るの結婚式を目指しましょう!

授かり婚(おめでた婚、できちゃった婚)専用プランも続々登場!

3ヶ月以内でもOKのスピード重視のもの、出費がかかるお二人のことを考えたリーズナブルプラン、つわりを考慮した特別メニューを提供してくれるもの、ドレスだっておなかが目立たないデザインがたくさん用意されているので、「気に入ったドレスが着られない」なんて心配する必要はなさそう。妊婦さんの体調管理には十分気を配り、当日はフルサポートしてくれるところが多いようです。

コメントする(ベビカム会員限定)

ログインする